生徒募集に関して

このHPはあくまで公立中高一貫校にまつわる「本音」が必要な人に届けばいいと思い、現役の公中検文系講師が作成致しました。
それゆえ、言葉を選ばず、かなり厳しい現実に関しても列記したつもりです。

ここまで目を通して頂いて、公立中高一貫校受検に対する認識はどのようになられたでしょうか。
伸び続ける人気通りの素晴らしい受験だと思われたでしょうか。

私は、この受検システムが憎いときが多々あります。
小学校6年生という精神的にも身体的にも成長途中の子供が、遊びたい気持ちや周りの誘惑に耐え、必死で勉強してくれたとしても受かる保証のない受験だからです。

まして2/3の一本勝負で、倍率6倍以上になる学校も少なくありません。
そのくせ、どの学校も偏差値は60以上で、学力に合わせた受験校の選択もできませんから、必然的に難関校を受けることになります。

しかしその一方で、この入試に向けて勉強することには大きな意味があると断言できます。
それは、これからの時代で最も大切だと思われる他者を理解し、主観にとらわれず考え、自己表現を論理的に行う力が小学校6年生にして身につくことです。

特に「書くこと」に対する自信がつくことは財産としか言いようがありません。
残念ながら、我々大人でも書くことに抵抗がある人がいらっしゃるのは珍しい話ではありません。
人はそれを、向き不向きという言葉で片付けたがりますが、それは違います。

適切な時期に適切な書く練習を楽しんで出来れば、書くことや伝えることに困ることは一生なくなるのです。
大切なのは、「楽しんで」ということです。

受検である以上、合格が第一目標です。それがブレてしまっては努力の在り方も間違ってしまいます。
しかし、公立中高一貫校受検の良いところは、詰め込みの努力ではないところです。

文章を読み、筆者が伝えたいことが何なのか考え、自分の意見を練る。
そして、自分の意見を伝えるために言葉や順番を考えながら、一本の作文にする。
ここには、答えのないとても楽しい思考と表現の時間があります。

ポイントは「楽しんで」ということです。
書くことは楽しいことだ。そして自分は書くことが出来る人間だ。
そんな認識と自信をもっている子どもは、勉強を嫌いになりません。

子どもが純粋な感情で向かうときのパワーはすさまじいものです。
私は、この受検のシステムを通して、「書くことを好きになってもらう」ことができると確信しています。

Politは「読むことと書くこと」を好きなってほしい、誰よりも自信をつけてもらいたい、という思いでスタートした文系特化の学習塾です。

従って、すでに文系が得意でさらなる高みを目指したいというお子様よりも、
作文が書けない、読むのが苦手、一貫受検を目指しているが適性検査Ⅰが伸びない、
といった悩みをお持ちのお子様の力にこそなりたいと思っています。

また、私立第一志望から公立中高一貫校も併願受検したいなど、
作文や記述に特化した授業依頼も例年多く頂いております。

文系学習や適性検査受検にお悩み、ご相談のある方はどうぞお気軽にお問合せページよりご連絡ください。

<対象>

小学4年生~5年生   作文・読解指導
小学5年生~6年生   公立中高一貫受検対応 適性検査型指導
難関高校・大学受験  文系受験科目(※当塾卒塾生のみ)

<最新生徒募集状況>  (11/12時点)

現6年生対象  直前期過去問対策(第一志望都立対策/併願私立対策)コース
         現在、回数指定の直前対策授業のみお受けしております。
        詳しくはお問い合わせください。

現5年生対象  2024年度受検対策コース
         

※2022年9月より断続的にお問合せ頂いたメールが届かない事象が発生していたようです(11/14時点で解決済)
 上記期間お問い合わせ頂いたにもかかわらず返信がなかった方は、再度ご連絡をいただけないでしょうか。
 優先して対応させて頂きます。

目次